いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

現 の 事

日々の暮らしの話

小泉今日子さんの不倫宣言考

昨日の朝、いつものように報道番組を見ながら出掛ける準備をしていると、小泉今日子さんの姿がいきなり画面に大写しになった。「珍しいな、久しぶりだな」と思いながら、きっと映画かイベントの宣伝だろうと高をくくって、背を向けた。 小泉今日子さんは嫌い…

ネットショッピングをしなくなった訳

アマゾン、楽天、ヤフー、その他問わず、「いいな、欲しいな」とネットを見て思ったら、同じ商品が他のサイトで売っていないか調べたり、価格と送料を合計して比較したりして、気軽に購入していた。 「便利な世の中になったもんだ」とネットショッピングを謳…

練功十八法は中国の国民体操の一つ

家のご近所さんが練功十八法をかなり以前よりされています。「毎朝きまった時間に家でしているから、暇なときはいらっしゃい」と誘われているので、何もない日はお邪魔させてもらいます。 練功十八法は中国の三大国民体操の一つだそうで、1コースの中に18通…

ライオン・犬・猫

朝のお天気クイズで、脚裏の肉球がアップになった写真3枚ABCのうち、犬はどれでしょう?というのがありました。足の華奢さで犬ではなく、猫だとすぐにわかるCを除くと、ABはどちらも犬の脚に見えて判別つきませんでした。 でも、答えはB。何故ならば、Aはライ…

鏡餅はどうされていますか?

「カガミモチ」と丁寧に言葉にすることは、まずありません。私は「オカガミ」と言っていますが、その鏡餅は年神様のお下がりとしてお食べなさいな!ということで毎年、頭を抱えています。 部屋中が常夏もどきの24℃の上、加湿もしていないので、鏡餅がヒラリ…

さよなら酉年

今年も明日で終わりです。今年は酉年で実りの歳でした。来年は戌年、次なる芽生えのためにリセットする歳ですね。 おせち料理は少しだけ作ります。 黒豆 数の子 ぶりの照り焼き 栗きんとん 伊達巻 それから蒲鉾は切るだけですが、紅白2本、買っています。明…

メリクリの歌

お題「Merry Christmas!」 クリスマスが近づくと、車のラジオからクリスマスソングが次から次へと流れてきてますよね。あ、この歌、好きだったな……とか思いながら聞き流しています。ふとしたきっかけで、その歌の数小節が脳内エンドレスで流れてます。 覚え…

日常生活の戒め

自分が常識だと思うことと、他人が常識だと思うことが、いつも同じとは限らないのです。もし、他人を非常識な人だと思うことがあれば、自分は他人の非常識ではないのか、今一度、立ち止まって考えましょう。 自分はもしかすると、間違っているのではないか、…

朝ドラ『わろてんか』で結納を考える

連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド) 作者: NHK出版,吉田智子,NHKドラマ制作班 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2017/09/25 メディア: ムック この商品を含むブログ (1件) を見る 朝ドラ『わろてんか』で、てんの家ではヒロイン?てんの結…

カレンダーと時計の数が多いわけ

無償のイラストレーション: 議題, カレンダー, 女性, 女の子, プレゼンテーション, 日程計画 - Pixabayの無料画像 - 1462979 私の家には、カレンダーを合計8個掛けている。今も目の前の壁には、アラスカ地方の赤いお花畑の風景写真のカレンダーが見えている…

今日は処暑らしい!

朝のテレビニュースは、6時半まで「おはよう日本」、それからは「グッド!モーニング」を見ている。その番組では、毎日のようにお天気検定がある。その日に特徴的な季節や気候に関する問題が出される。 今日の問題。「今日は暑さがだんだん収まる二十四節気…

ムカデに座布団一枚

ムカデが、出た。百足というくらいだから、足が、ウヨウヨと黒く短く太い足が、いっぱい蠢いていた。常日頃の私は、ギョッとすると感情を押し殺して、もう死ぬ気になって頑張ってなんとかするはずなのだ。どうせ、誰も助けてくれない。私が頑張るしかないで…

信号機とヤマユリ

信号機で停まった左横のマンションの庭には、蔓日々草の花壇の中に、大人の背よりも高く育ったヤマユリが3本、白い大花をつけていた。 ほら、僕の方が高いだろ? そんなことないわ、私の方が! うるさいな、それは俺だろ? マンションの陰から身をのりだすよ…

日常的なカバンの中身

今週のお題「カバンの中身」 季節によってカバンは変えています。今は夏用の長編みのカバン、冬は黒の合皮のカバン。けれど、中身は同じです。 家の鍵、財布、免許証入れ、カード入れ、ポケットティッシュ、ハンカチ、眼鏡ケース入りの眼鏡は、どんな時でも…

たまには自分を褒めましょう

無償のイラストレーション: 猫, 黒い猫, 電源, Mieze, 黒, 動物 - Pixabayの無料画像 - 233367 途中で、しんどいな、これは無理だな、やめようかな、と思うことでも、ここでやめたら、ここまで使った時間が惜しい!あともうひと頑張りしよう!と思えるように…

お墓参りにいきましょう

お墓参り、しましたか?無事に戻ってきましたか?おかえりなさい。 実はまだお墓参りに行っていません。何故ならば、夫が行こうと言わないからです。実は一度も夫から、お墓参りに行こうと言われたことはありません。きっと、夫にとってお墓参りは大事なこと…

盆踊り

無料の写真: 花, 花の花束, フローラ, ドライフラワー, カラフル - Pixabayの無料画像 - 870031 盆踊りの日は、国道に続く駅前バス通りが全面、歩行者天国になりました。白地に赤や黄色の大きな花柄の浴衣を来た女の子は、提灯の明かりと祭囃子に向かって歩…

なんだかなぁ。

トドか、セイウチか、はたまたゴマアザラシのような飼い犬が朝から寝ている。ドアの真ん前で眠っている。私が出かけるのを阻んでいるつもりらしい。時折、片眼を開けて出かけていないか、見張っている。 飼い犬に監理されている私は、なんだかなぁと思いなが…

見つめる

見つめられて、見つめる。見つめると、目をそらされる。目をそらされて、目をそらす。目をそらすと、視線を感じる。 そこで見つめ合う。その次に、笑いが起これば良いことがありそう。けれど、その次に、また目をそらされると、もう、しばらくの間、視線の鬼…

負けてもいいよ、あなたが大事

いじめを苦にして自殺というニュースが今でもある、なくならずにある、いつまでもある、きっとこれからもある。いじめられて、悲しくて、苦しくて、情けなくて、死んでしまいたいと思うその気持ちに、歯止めをかけられるのは、自尊心しかないのかもしれない…

コワい思い

今週のお題「ちょっとコワい話」 ちょっとコワい話ですね。コワい、こわい、怖い、強い、恐いのどれかしら。 私がコワいのは、実は家族。一番、恐ろしいのは、血縁者かな。次に恐ろしいのは親戚縁者かな。その理由は、逃げられないから。守らないといけない…

団扇(うちわ)と扇子、扇風機と冷風機とエアコン

無料の写真: バブル, 楽しい, 色, ゲーム, フライト, 光, 背景, ラウンド - Pixabayの無料画像 - 83758 今日も暑い。エアコンはフル稼働だ。その証拠に、もう勘弁してくれよ!とエアコンの部品が変な高い悲鳴をあげている。結構新しめのエアコンで、機能がい…

森永さん、ありがとう

今週のお題「好きなアイス」 無料の写真: 氷, ラズベリー, キウイ, フルーツ, 食べる, ビタミン, 果物 - Pixabayの無料画像 - 2219574 私は冷たいものが不得意で、夏でもホットコーヒーを嗜む体質なのです。だから、夏になると家族のために、意識して、買い…

お昼ご飯は何食べた?

3連休の最終日も、パソコンの前であれやこれやしているうちに、昼が過ぎてしまった。昼ご飯は、パンとバナナ。高校生の部活前の腹ごしらえ的昼ご飯だ。私の致命的な欠陥は、食に対して興味がわかないことにある。家族の食事を作るなら、ほぼパーフェクトに作…

継続の接ぎ木

すでに今年も半分、過ぎた。今年、しようと思っていた目標は、何だったっけ?と思い返している。ほとんどのことは、叶っているはずだ。何故なら、今までしてきたことを取り止めたことは、ないはずだから。継続は力なり。継続は怠惰楽なり。継続は慢性・惰性…

何、思う?

ちょっと時間ができたりすると、難読漢字の一つでも覚えてみようかと辞書を取る。もう少し時間ができたりすると、まだ道半ばのスピードラーニングでも聞いてみようかとイヤホンをしてみる。 要するに、忙しくしていたいだけだ。漠然とした時間が多くなると、…

写真のこと。

お題「思い出の一枚」 思わず検索してしまった。「一枚」とは何だろう?と。写真のことらしい。 昔々に読んだ太宰治さまの小説から、写真の数え方は「一葉」というのだということを学んだっきり知識を更新していないので、「思い出の一枚」というお題を何回…

無益な話

「歳をとるのって、嫌よね」 「え? そんなことないわよ」 「まあ、無理しちゃって。歳をとって良い事なんて一つもないじゃないの」 「え、そんなことないよぉ」 「無理しなくていいの。目は悪くなるし、シワは増えるし、何一ついいことなんてないのだから。…

へのへのもへじ

心穏やかになりたい、いつも笑みを浮かべていたい、 そう思っているのに、最近、イライラしている自分に驚くことが多くなった。 何故、イライラするのだ?いいではないか、ゆったりと待ってあげれば。そう思いながらも抑えきれず、かといって何も言えず、た…

夏、おやつ、かき氷

お題「夏に食べたいおやつ」 かき氷機を吊り棚から下ろすところから、夏が始まっていたのは遠い昔のこと。苺とメロンのシロップ、そして雪印の練乳はかき氷の必需品だった。子ども達はテーブルの向こうから体を乗り出して、かき氷にシロップをかける順番を待…