いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

「スポンサーリンク」

ペットフードの良し悪し

毎度、ペットフードを買いにいって思うことは、「ワンちゃんにも味見させてよ」です。ドライフードから缶詰、おやつと何十種類もあるものから選ぶのは、本当に大変なのです。

 

「ボク、なんでも食べるよ」といっていた頃の若いお犬様なら、安くて大容量のドライフードでも平気で食べていました。紙でさえ食べてしまう勢いでしたから、食べ物というだけで食らいついていました。

 

何年前からか、我がお犬様はドライフードに優劣をつけだして、「ワタシはもう、そんな安もんは食わん」といいだし、ウエットフードに渋々変えました。ウエットフードは缶詰で重いのです。重いのに、すぐ食べてしまって無くなるので、週に何度も買い出しに出かけねばなりません。

 

それでも「この缶はダメ、ニオイがイヤ」「これはヤバイ、ヘンな味がする」と我がお犬様は取捨選択しますので、もう、いい加減にしてよ!これでどう?とばかりウエットタイプのドッグフードを同時に何種類も買い与えてみました。

 

その中で、お気に入りのメーカーを見つけ出しました。苦節ウン年、やっとお気に入りがわかりました。このメーカーのものは、なんでも食べるのです。ペットフードも試食販売してくれていたら、もっと早くお気に入りの缶をみつけられたのにと、残念至極です。

 

缶のプルタブをほんの少し開けるだけで、プイと背を向けてしまうものはニオイがヤバイのでしょう。鼻を近づけても口を開けずに悲しげにうなだれるものは、見た目がヤバイのでしょう。一口食べかけて水で口をすすぐものは、味がヤバイのでしょう。

 

もちろん、好みもあるでしょう。もちろん、贅沢なのでしょう。けれど、やっぱりどう考えてもペットフードの良し悪しは歴然としてありますよね。たわけ者めが!犬ごときに良いも悪いもない!と言われそうで、他人にはいえません。はい。独り言でした。

 

nijiironoashitadeii.hateblo.jp

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」