いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

「スポンサーリンク」

シューストレッチャーの冒険の結果

以前、買ったばかりの革靴のサイズをマイサイズにするために、シューストレッチャーを試していることを書きましたが、今日はその結果を書いておきます。

 

3日後にシューストレッチャーをはずして試し履きしてみましたが、全く変化していなかったので、また元に戻して靴戸棚の奥に入れたまま、しばらく忘れていました。

 

本来ならば1週間程度でサイズが広がっているはずです。それを1ヶ月近くシューストレッチャーで伸ばし続けていたので、「もしかすると、靴が裂けているかも……」とビクビクしながら出しました。

 

結果はベリーグッドでした。靴は裂けも壊れもしていませんし、踵部分に指が1本入る余裕ができました。けれど、靴を履いて半日程度を過ごしてみないと、靴はわかりませんよね。もしかすると、すぐに痛くなり裸足になりたくなるかもしれません。

 

でも、新しい靴を履く勇気はしばらく出ませんでした。もし、途中で足が痛くなったら、気分は最悪になってしまうのですから、安心を得るために履きなれた靴を選んでしまいます。

 

季節は春です。あと数ヶ月もすれば、靴も夏用サンダルに変わります。それで、今日はようやくシューストレッチャーの威力を試すため、履いて出かけました。長時間、履いていましたが、履きなれた普段通りの靴のように足に馴染んでいました。

 

いっこうに足が痛くならないのが、逆に不思議でした。おそらく「ダボ」という黒い、うずら豆の形をした形状部分拡大器のようなものをシューストレッチャーに適当に挿していたからでしょう。

 

ということで、シューストレッチャーは大変良い買い物でした。

www.5kakitto.com

 

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」