いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

迷いごと

日々、迷いが生じています。

 

着物の高価買取りのCMで「5年着なかったら着ないって」というセリフに惑わされたわけではないのです。相当な重さの衣類を捨てました。もったいない、まだ着れる、いつかの為に取っておこうと、ずいぶん溜め込んでいた衣類を一掃しました。

 

それでも、迷ってしまうのです。家を出て、社会人になった子どもの衣類を前にすると、捨てるのなら子どもの承諾がいるのではないか? もしかすると将来、孫を連れて帰ってきたときに、「僕が好きだったセーター、まだある?」なんてことを言い出すのではないか? などなど。

 

本当にバカですね。その迷いこそが、子どもに鬱陶しがられる所以だと、うすうすわかっているのです。わかっているけれども、勇気が出ません。捨てる勇気も出ませんが、子どもの承諾をとる勇気もありません。

 

ん? なんの話してんの? まだそんなもん、あったの? いらないにきまってるじゃないか……

 

そう告げられると思うと、心が痛むのです。なんだか、鬱陶しい迷いごとです。資源ゴミの日が迫るたびに、逡巡してしまいます。本当に馬鹿者です。

久しぶりなのに……

夢は、夢の中の話です。どう考えても、自分の頭の中で、好んで作った話です。

 

それならば、何故、好ましい夢をみることができないのでしょうか。

 

いいじゃないですか。自分が勝手に作る夢なんですから、嬉しくなるような、また明日を頑張ろうと思うような夢を、どうかみさせてください。

 

アナタハ、ワタシガシッテイルアナタヨリ、モウ、カワッテシマイマシタネ。

 

そんなことを夢でさえ、聞きたくありませんでした。どういう意味なんですか。いえ、夢の話ですから、きっと、自分が頭の中で、好んで作った話……かもしれませんが。

 

でも、絶対に、それはちがいます。夢の中で、私は落ち込みました。夢の中で、私は沈みました。

 

私は会えたことが嬉しくて、ただ、嬉しくて、何も言葉を口にすることができませんでした。ただ、ただ、嬉しかったので、何を言われても、ただ嬉しくて、聞いていました。

 

チガイマス、ワタシハ、カワッテハ、イマセンヨ。アナタノシッテイル、ワタシデス。

 

そんな風に反論することもなく、ただただ、嬉しかったので聞いていました。見ていました。夢の中の話です。

 

本当に久しぶりに、アナタを見ました。痩せましたか。お元気ですか。どうか、幸せに暮らしていてください。

「お母さん、お父さん、ありがとう」って?

悩みどころです。母の日。そして父の日。

 

昔むかしの話です。「もったいない、こんなものを買わなくてもいいのに!」

 

喜んでくれるかな? 嬉しく思ってくれるかな? そんなことを考えながら、なけなしのお小遣いをためて、プレゼントをしました。

 

それなのに、先の言葉を言い放たれてしまいました。

 

「え!?」

 

私は、絶句したまま、思考が停止してしまいました。昔むかしの話です。

 

当時の親たちの思考回路は、今では理解不可能では、ないのです。「アンタに小遣いを遣っているのは、アタシ達なんだから、そのアタシ達にアンタがその小遣いで品物を買うっていうのは、どういうもんだい?」

 

要するに、貧乏なんでしょうね、精神が。

 

だから、私はプレゼントをいただくのも、差し上げるのも苦手です。

 

「ありがとう、うれしいわ」と、喜ばなければ私と同じように傷ついてしまうと思うから、いただく時は不自然なほど、一生懸命、喜びます。

 

昨年、母の日に、もらった紫陽花の花の株が、とても大きくなりました。沢山の蕾がつきました。花びらが七色に咲いたら、写真を撮って、子どもに送ろうと思います。

固定電話について

お家の固定電話、必要ですか? 

 

一人1台当たりの携帯電話が普及されているにもかかわらず、数年前までの老親は、まだ固定電話に電話を掛けてきていました。

 

早朝や深夜に固定電話が鳴ると、なにか不吉な予感がして、ビクビクしながら受話器を取っていました。

 

その老親でさえ、最近は携帯電話に掛けてきます。そうなると、固定電話の出番は、営業のお電話オンリーです。

 

「お世話になります。✖✖さんのオタクですか?  こちらはナントカカントカですけれど、ダレソレさんはいらっしゃいますか?」

 

10年前に1度、購入した化粧品会社からの電話です。

 

「はい、ダレソレですが、スミマセン。もう興味なくなりましたので、ごめんなさい」と固定電話の前で平身低頭しながら、私は何をしているのだろうと疑問に思います。

 

選挙があると、留守電が入っていることがあります。自動音声で「こちらは〇〇です。応援ありがとうございます。一生懸命、頑張ります。今後共、応援宜しくお願いいたします」と、録音されていました。

 

なんだかなぁ、と思います。

 

固定電話って、必要ですか? 必要ないですよね?

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」