いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

新生活、がんばってね。

お題「#新生活が捗る逸品」 『新』とはいかないものの 生活で芳しい活躍をしてくれているアプリが2つあります。 1つは『クラシル』で、あり合わせの材料からスンバラシイ夕食が作れたりします。昨日はたいして考えもせずに豚肉の塊を買ってしまったので、焼…

見て学べということ

さっきプログラミング学習問題に行き詰って、興味を惹かれた話題のサイトをさまよっていました。 いつもなら、「へえ、そうなんだぁ」「そんなこともあるのね」と内容の方に関心がいくのですが、あるサイトを訪れて、書かれている内容もさる事ながらサイトの…

はじめましてのプログラミング 続

#今年、学びたいこと プログラミングという言葉の響きに「カッコイイ」「頭が良さそう」「難しそう」「ワタシには無理」など、さまざまな感情をいだきます。昔、大学の情報処理に行っていた人をある種の憧れをもって眺めていた記憶が甦るのかも知れません。…

好きな食べ物、大葉

最近、私の食生活は大葉中心です。あの「青ジソ」のことです。お店で何束もセットになって売っていたので、ふたり暮らしでは多過ぎるかなとは思いつつ、買っちゃいました。 調理方法は3通りあり、焼く、炒める、揚げるのどれをとってもそれなりに味わい深い…

日曜の祝日

今週のお題「祝日なのに……」 本当にその通りですね。今年2021年の春分の日は、面白くありません。日曜日が祝日にあたれば翌月曜日はお休みなので上手くいけば3連休で嬉しくなるのに、平日に祝日があればその1週間を乗り切るのに気持ちが楽になるだけれど。 …

断捨離は難しい

お題「断捨離」 春なので、目に付く不用なものは片付けることにしました。「不要」と「不用」の違いがいつも曖昧なので、私なりに定義しておきます。 「不要」とは、文字通り必要のないことです。「今日は歩いて通勤するから、車の鍵は不要だわ」などのよう…

症なし花粉

今週のお題「花粉」 久しぶりに「はてなのお題スロット」を回してみました。書く事が思いつかずに、何度もスロットを回していた頃のお題とは変わっていて、新鮮さを覚えました。もしかすると、一新されていましたか? 今週のお題ですが、「花粉症」の「症」ま…

菱餅の話

今週のお題「雛祭り」 とりたてて話すこともないので、何気なく「もう3月ですねぇ。ひな祭りが来ますね」と声に出しました。話の流れを予想すると、「もう春になりますね。ひな飾りの代わりに、ケーキでも買って食べようかと思います」となるはずでした。 深…

「行き詰る」について

飼い犬の本格的介護生活が始まりました。人間、眠りも足りて精神的にも余裕があれば優しくもなります。 傍で立ち上がれなくなって、いな鳴いている飼い犬をすぐさま抱き上げてやることも、苦にはなりません。そして優しく撫でてやるのも、いいでしょう。 け…

お年玉年賀はがき

郵便局に行く用事のついでに、お年玉年賀はがきの当たりを交換していただきました。お年玉年賀はがきの当たりの順位がもっとよければ、それだけを目当てに郵便局にいくのでしょうが、80枚届いた年賀はがきの中でやっと当たった5枚ぽっちの切手シートでした。…

残念な世界

なんでだろう? こんなに科学が発達しているのに、どうして科学的に人事が進まないのだろう。小賢しいお人、気の弱いお人、意地の悪いお人、優しいお人、それぞれが楽しく働ける社会が何故、作れないのだろう。 誰も悲しまず、誰も強がらず、みんな当たり前の…

気分転換はドラマ

お題「気分転換」 誰しも心の中では色々なものを抱え込んでいるのでしょうが、それを表面に出す人はほとんどいません。たとえば、意地悪な物言いをする人と同じ空間で仕事をしなければならなくても、ほとんどの人は「早く1日、終われ」と願いつつも何事もな…

大人は辛いよ、寅次郎

今週のお題「大人になったなと感じるとき」 私にとって、大人とはスマートな対応ができる人のことです。例外なく、他人に優しく思いやりがあり、自分の過去の失敗や弱気な面もお茶目に語り、常に穏やかに他人に接することができる人こそが大人の人だと思って…

大晦日の1日

今年もいろいろとありました。 数少ない知り合いに「お元気ですか、私はあいかわらずです」という年賀状を書いていたとき、「あいかわらず」とはいえない状況に変化してしまい、途方にくれていました。 それでも、慣れていくものです。途方にくれたのも三日…

ご褒美

今週のお題「自分にご褒美」 今年も残り僅かになりました。今年は例年になく、コロナ禍という異常事態で、世界中の人々が頑張った1年でした。特に、医療従事者の方々の頑張りには感動した1年でした。 それにひきかえ、私など足元にも及びませんが、それでも…

ため息と嘘

自分では気づいていませんでしたが、最近、私はため息をついていたらしいのです。 ツライコトデモ、アリマシタカ? ナンカイモ、タメイキヲツイテイマシタネ。 そう言われて、私がしたことは平謝りでした。ため息を聞かされて、いい気分になる人はいないはず…

断捨離はじめ

お題「断捨離」 家のキッチンはL型で、ここ10数年、角のデッドスペースにホームベーカリーを置いていました。 たまに、思い出したように菓子パンを作っていたのも数年前で、ここのところ、上に被せていたカバーも触らないほど、関心がありませんでした。 置…

人も犬も年をとるとは。

長く生きていると、人も犬も様々な試練が待ち受けているものですね。 ウチのお犬様が、目から血をダラダラと流したのは、はや1年前です。非常に驚き恐れおののき、藁にもすがる思いでお医者様をたずね歩きました。 今でも、原因は私には理解不能で、明確に…

冬の準備

今週のお題「急に寒いやん」 ホントに寒くなりました。冬用の羽毛布団を出して寝たり、朝夕のウールのひざ掛けも既に手元に用意しました。それから、耳がちぎれそうなくらい寒くなる前に帽子や、指が壊死しそうになる前に手袋も、すぐ使えるように出しておこ…

好きだった喫茶店

わたしがまだ「生まれてきた星がまちがっていただけ」と、本気で思っていた独身の頃、街には喫茶店というものがそこかしこに沢山ありました。いつもツマラナイ時間をつぶしに、訪れていました。 その喫茶店は、バス通りに面した街のど真ん中にありました。店…

イモの天ぷら

今週のお題「いも」 「いも」といえば、頭に浮かぶものはサツマイモです。他にもジャガイモやサトイモ、いもけんぴ、いもねぇちゃんなどイモの種類は豊富ですが、「いも」といえば私の中では、サツマイモが筆頭なんです。 そう思うに至った所以をこのお題が…

運動嫌い

今週のお題「運動不足」 昔から運動というものが大嫌いでした。たぶん機敏に動ける体力と筋力が年相応に備わっていたならば、これほど運動嫌いになることはなかったのかも知れませんが……。 運動好きになっていたかもしれない出来事が、幼稚園時代に2度ありま…

アフタヌーンティ

今週のお題「好きなおやつ」 好きなおやつは何ですか? という優しい問いかけに、心が動いて書いています。 好きなおやつは何ですか? と問いかけてくれた人は、私にはあまりいませんでした。どうでもいい世間話はいくらでも出来ても、他人の好きなおやつに興…

馬鹿の一つ覚えのように。

今週のお題「ごはんのお供」 私はそもそも白ご飯があまり好きではありません。遠い昔、偏食な上に少食だった頃、食べることを強いられるのが涙が出るほど苦痛でした。 偏食でも少食でも、それで死ぬわけではないのですから、気にしないでいてほしかったので…

生きる、ってこと。

最近、仕事が休みの日は病院通いをしています。自分のではなく、老親や老犬の付き添いです。 長寿の家系です。祖父母も90歳代まで生きていました。昭和で90歳代なのですから、令和ではいかほどか……。老親はボケもせずに、丁寧に毎日を過ごしています。そうな…

何色

今週のお題「暑すぎる」 奇をてらって呟いたわけではないのですが、この夏は「溶ける」と口に出してしまうことが多いです。 実際問題、夏の暑さで人間が溶けるはずはないのです。けれど、ほんの5分でも灼熱炎天下に身をさらすと、肌の水分は損なわれ、体内…

マスク依存

それが物であれ事であれ、何に対しても少しばかり長く続けていると、依存してしまうものですね。 コロナ感染予防対策で、外出するときはマスクをするのが当然のマナーと化したこの数ヶ月、初めはマスク着用がとても苦痛でした。 マスク同士の会話では、口の…

夏になるとTシャツを買っていた頃

今週のお題「お気に入りのTシャツ」 もう一昔前の話ですが、夏になるとTシャツを買っていました。 ショッピングモールに出向くと、Tシャツ専門店にまず立ち寄り、あれやこれやと空想を巡らせながら、見て回りました。 あの子が好きな柄、好きな色、好きなサ…

映画と本

昨日『MOTHER』、今日は『劇場』と映画を観て、朝夕に数ページずつ『マリアビートル』を読みすすめているせいかも知れません。 苦手な人を刺激しないように言葉を選んで、話の継ぎ目の間を飲み込んでしまう自分のくだらなさが嫌になりました。 口から飛び出…

今年も半年過ぎました

いつものことですが、中だるみというかマンネリ化というか、日々の暮らしを退屈に思ってしまう悪い癖が出てきました。 最近の私の検索ワードは、楽しいこと、面白いことです。ネットで探すくらいですから、いかに刺激のないつまらない日常を過ごしているか………

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」