いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

12月、お正月は帰りますか。

今年も僅か残り1ヶ月となりました。大好きだったおバカな犬と死に別れてからは、老親の足がわりをしていました。 足ですから。なにせ、足です。 とはいえ、老親の隣りにいると、病院の看護師さんやお店の人にしてみれば、足とはみえずらいようです。老いぼれ…

スカートに靴下

今週のお題「お気に入りの靴下」 いつ頃からかはっきりとは覚えていませんが、スカートに靴下、特にソックスを履くのは野暮ったいと感じていました。この感覚は最近まで変化しませんでした。 けれど、今ではスカートにソックスでも、平気で合わせられます。…

イチョウの木

温泉に1泊してきました。久々のお泊り旅行でした。 紅葉が見たいと思っていましたが、その町は針葉樹メインのようで、モミジはほぼなく、濃い緑色か黄土色の木々ばかりでした。 「有名なイチョウの木がありますよ」とホテルのフロントのお兄さんが教えてく…

自転車

今まで自転車といくつ出会ったでしょうか。初めて新品自転車を買ったものの、すぐに盗難に遭ってから、自転車にまともに向き合ったことはありませんでした。 新品自転車は、悪目立ちしないはずのキレイなオレンジ色のボディでした。一目惚れでした。でも、盗…

無題

君とは分かち合えないね、何年たっても何十年たっても。 そう思ったのは、簡単な話だった。 「金魚を飼おうか……」 「え? 子どももいないのに、何故飼うの?」 大人の私は、金魚を飼う必要がないらしい。 え? どういう意味? 簡単な会話がどんどん深みには…

入浴剤好き

今週のお題「お風呂での過ごし方」 コロナがこのまま落ち着いてくれればいいですね。旅行に気兼ねなく行きたいです。鹿児島の霧島や指宿の温泉旅館に泊まりたくてしかたありません。 家でのお風呂では、最近のこと、引き出しの片付けで、お土産らしき温泉の…

悪い夢

悪夢は、明け方に見ることが多いです。 どこかの調理室なのでしょうか。誰もいないと思っていた室内に、床にしゃがみこんで何かをしている若い男の子がいます。こんなところで何しているのか、不審な思いで近づいていくと、調理実習かなにかの残飯を新聞紙に…

karei

昨日はショックなことがありました。私は虫が大嫌いです。出かけるときには玄関先であろうと、必ず虫除けスプレーをします。畑に行くときは、煙に燻されながらも蚊取線香をぶら下げています。最近はそれに加えて、電池式の虫よけもぶらさげています。 昨日は…

かな入力とローマ字入力

中秋の名月、綺麗でしたね。雲に隠れていても、その向こうから燦然と輝いているのが想像できました。 実は5年前に「ローマ字入力」から「かな入力」に変更していたのですが、思う所があって、またローマ字入力に変更中です。以前はかなり速くタイピングして…

ほうじ茶もあり。

今週のお題「好きなお茶」 いっぷくしようか、とか、いっぷくすれば、とか最近とんと耳にしなくなりました。昔はゆったりとした時間が流れていたような気がします。 ニコチン中毒の時の刻み方と思える節もありますが、にやっと笑って同意してくれる相方が目…

TVの音

実家のTVの音がかなり大きく耳障りです。買い物をして家に入ると、父がソファに腰掛けてTVを見ています。私が帰ってきたことにも、気づいていません。 少し大きな声で「ただいま」と言っても、気づきません。テレビの音に、声がかき消されてしまいます。…

花火大会

季節の風物がまた一つ、なくなった。花火大会。 昔は家から歩いていける川原で花火が上がった。一人で見に行くほど風流を解してなかった若い頃、部屋の中で爆音だけが響き渡り、寂しさがつのることもあった。 太陽が傾く前から草の上にレジャーシートを広げ…

音を消して楽しみます。

今週のお題「やり込んだゲーム」 現在というか未だに、パックマン(Pac-Man)が一番好きです。1980年代からの大人気とか。難しい事を考えることもなく、ただただ黄色のパックマンが右に左に上に下に、ゴーストにやっつけられるまで突き進むゲームです。 わかり…

お茶の子さいさい朝飯前

新型コロナウィルスのワクチンの予約受け付け。出遅れて予約ができないまま、何週間も過ぎました。テレビも、ネットも、ご近所でも、「1回目のワクチン、受けたのよ」という話題の中、ニコニコと受け流しながらも、だんだん、不安になっていきました。 (もし…

追熟というもの

そろそろ夏も終わります。玄関先で育てていたプランターのトマトも、すっかり見劣りがするようになったので、枝をチョキチョキ切ってから根っこごと、引き抜きました。 その時、収穫した青いトマト、どうしたものかと調べました。できれば、青いトマトのピク…

空と大地と雨

雨はロマンチックなものでした。シトシト降っても、ザーザー降っても、絵になるものでした。 窓ガラスから暗い空を見上げて、ため息をついた数知れず、それでも雨はやさしいものでした。 それがここのところ、怖いものに変わってきています。あの警報音が鳴…

お盆にて

昨日は通りがかりの神社で手を合わせました。とてつもなく、強欲な私です。手を合わすたびに、お願い事ばかり。 ただ、今年は少し、以前とは変わりました。 「見守っていてください」と、それだけを念じてきました。ようやく、神頼みはやめました。 それは、…

連休のゴロ見

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん 坂口健太郎 Amazon 夜中、携帯電話の警報音で何度も飛び起きて、翌日は一日中、ぼうっとしていました。いくら休日とはいえ、だらだらゴロゴロしてばかりいると、かえって疲れます。それで、みたのがこの映画…

読書は待合室で

『ビタミンF』、読みました。やっぱり、面白いです。重松清さんの小説は。 人間の弱いところや他人に隠したいところ、情けないところなど、日常レベルの話を気軽に読めるように、気さくに書かれているところがすきです。 ホントよね、そうよね、わかるわ、…

畑しごとと墓参り

大の虫嫌いですが、仕方なく畑しごとをはじめてから、一つの季節が過ぎようとしています。正直なところ、意外に畑の虫は気になりません。信じられない話ですが、畑に虫が存在しないかのように、気にならないのです。 たとえば、カバンの中から蟻が出てくれば…

固定電話はいりますか?

家には固定電話が一つ。 前は、親機に子機に FAXまで付けていました。それが故障した頃、携帯電話を持ちましたので多機能なものには興味がなくなり、安っぽく見えて実際に安かった固定電話を買いました。色は白です。 その電話が鳴ることは少ないにも関わ…

オリンピック観戦

スポーツは苦手ですが、今回のオリンピックはじっくり見ています。その理由は、無観客だからです。熱烈な応援団が見えないので、気後れすることなく見ることができます。 努力は人を裏切らない、という言葉を私は誤解していたのかも知れません。オリンピック…

四葉のクローバー

暑い日が続きます。あまりの暑さに、せめて太陽から顔を背けようとして下を向いて歩いていると、四葉のクローバーが生えていました。 ゴメンネ、ミツケチャッタワ。デモ、シラナカッタコトニ、シテアゲル。 私でない誰かのために、幸せを運んであげてくださ…

狭い道

大通りから抜けて脇道に入って大きなカーブを曲がると、たった今、エンジンをかけたような車が動き始めました。印象に残らない色の軽自動車でした。 いつ停るのかわからないようなノロノロ運転でした。きっと、道に迷ってしまったのでしょう。私が後ろについ…

おにぎり

今週のお題「寿司」 お寿司といえば、どうしても思い出してしまうのが「おにぎり」の話です。 私が小学生の頃、夏休みの宿題といえば絵日記でした。毎日、毎日、絵日記を書かなければなりません。その日の天気と印象に残ったことを1日も欠かさずに書くのは…

記憶力

最近の話、母が「物忘れをよくするようになった」と言っていました。私は気休め程度に「私もよく忘れるから大丈夫よ」と深い意味もなく言い放ちました。すると、母が驚いたように「ボケなさんなよ」と、ぽつりと言いました。 それを聞いて、少し心外でムッと…

海がみえる場所

今週のお題「住みたい場所」 また大変なことが起きました。テレビの映像を見ているだけでも恐ろしいのに、目の当たりにした方々の恐怖はどれほどのものだったのでしょうか。 土石流が発生しない場所に住みたい、川が氾濫しない場所に住みたい、家屋が崩壊し…

きゅうり!

この春から苗を植えていた畑の野菜たちが、すくすくと育ってきました。きゃべつ、ブロッコリー、ネギ、なすび、きゅうり、プチトマト、中玉トマトの7種類です。 まずキャベツとブロッコリーは、5月末、大量の青むしが葉っぱを食べているのに仰天し、大急ぎで…

道具箱

今週のお題「100万円あったら」 100万円。できれば新札ではなくて、使い古したお札であってほしいです。白い帯のついた100万円の束なら、きっと着物の桐ダンスにでも隠して、そのうち忘れてしまうにきまっています。 パッパラパッパラと使いやすいように、そ…

坂道の少年

閑静な住宅街のバス通り、交差点で信号待ちしていました。人も通りません。車も通りません。夏の昼下がり、誰も外には出かけないようです。 そこへ坂道を駆け下りてきた一人の少年がいました。白いガードレールが道路と歩道を分けているとはいえ、転べばでん…

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」