いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

2019-02-17から1日間の記事一覧

『千年鈴虫』を読んで

途轍もなく暇な日、図書館の棚を端から端まで眺めみている間に手に取った本です。ほとんど眺めるだけで通り過ぎる本の数々の中から、谷村志保氏の『千年鈴虫』の背表紙の頭を中指1本で傾けてから抜き取った理由は、とても綺麗な朱色のカバーがかけられていた…

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」