いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

2019-05-26から1日間の記事一覧

『望み』の行方

久しぶりに雫井脩介氏の本を手に取りました。 『望み』の意味は、結果のわからないことに対して、そうなればいいのにと願う気持ちのことです。 この小説は、殺人事件の加害者家族になるか、被害者家族になるか、まだそれが判明していない時に、事件とはなん…

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」