いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

料理はお好き

油なし調理器具の返品

『カラーラ』という調理器具と、ひょんな出会いがありましたが、やはりガタイが大きいくせに器が小さいという笑えないオチがついたので、返品することとなりました。残念ながら『カラーラ』の調理能力が、実家では少なすぎただけのことです。 テレビショッピ…

油なしで揚げ物ができる調理器具の評価

『カラーラ』という調理器具、ご存知ですか? 油なしで天ぷらやフライなどの料理が出来上がるというのが最大の売りの商品です。眠れない夜、テレビショッピングで『カラーラ』を紹介しているのを見てから、欲しいなと思っていました。 欲しいと思った理由は…

細いフキはキャラブキ適当クッキング

細いフキをいただいた。うれしいわ、と言いながらも、細いなぁ、どうしようと戸惑っていた。スーパーマーケットで購入するフキならば、太くてスジも取りやすい。いただいたフキは細いので、スジをとるのに苦労するのは目に見えていた。 「キャラブキにすれば…

眺望のよいイタリアンレストラン

お正月に「美味しいものを食べに行こうね」と言っていたのに、予定が合わずにズルズルと1月が終わりかけていたので、ようやく意を決して前から興味のあったイタリアンレストランに予約を入れたあと、半強制的に予定を合わせてもらって食べに行った。 夜ご飯…

食べるらっきょう入りラー油のレシピ

道の駅に寄ると、必ず買いたくなるものがある。それは、赤い唐辛子の実。20本くらいがバラバラと、透明のビニール袋に入れて売られている。ちなみに昨年は100円だった。 何故、唐辛子が好きなのかというと、赤い色とその光沢が美的だからだが、それ以外の理…

鏡餅はどうされていますか?

「カガミモチ」と丁寧に言葉にすることは、まずありません。私は「オカガミ」と言っていますが、その鏡餅は年神様のお下がりとしてお食べなさいな!ということで毎年、頭を抱えています。 部屋中が常夏もどきの24℃の上、加湿もしていないので、鏡餅がヒラリ…

おでんの具材

お題「おでん」 冬になると、2週間に1度は「おでん」になる。簡単な調理方法だし、具材がいろいろあるので、好きなものだけを食べられる。 まず、なくてはならないのが茹で玉子、三角こんにゃく、がんもどき、ちくわ、餅入り巾着、大根、牛スジ肉、じゃがい…

秋の味覚の柿

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/10/30/20/35/fruit-2903444_960_720.jpg 今年はよく柿を食べました。スーパーマーケットで購入した富有柿、真四角の刀根柿、ご近所さんから頂いた小さいけれど固く甘い庭木の柿、知人から頂いた渋抜きして甘い愛宕柿など…

ご馳走の「エビしんじょう」朝のテレビ小説のりんちゃん作?

今朝の朝のテレビ小説『わろてんか』で、藤岡てんの妹、藤岡りんちゃんが花嫁修業のためにお母さんと一緒に台所に立って、お椀に「エビしんじょう」をそそいでいるところが映りました。とても綺麗な着物を着ていました。伊達衿の小花刺繍がとても可愛らしか…

いい加減ですが、美味しい!らしい一品です!

お題「今日の晩御飯」 別に何も考えていないのに、美味しいとか美味しくないとか、言わないで欲しい。こちとら、べつに美味しいって言って欲しくて、作っているわけではない。 夏バテしないように。栄養が偏らないように。ちょっと好きなものを加えて、満足…

今晩はピーマンの肉詰め

お題「今日の晩御飯」 夏野菜が安くて、いくらでも買いたくなる。茄子、おくら、トマト、ピーマン、きゅうり、冬瓜、南瓜。その中で、今晩のターゲットは、ピーマン。 あんた、頭がピーマンだね!のピーマンの肉詰めは、得意料理の一つだ。ピーマンは、肉厚…

夏、おやつ、かき氷

お題「夏に食べたいおやつ」 かき氷機を吊り棚から下ろすところから、夏が始まっていたのは遠い昔のこと。苺とメロンのシロップ、そして雪印の練乳はかき氷の必需品だった。子ども達はテーブルの向こうから体を乗り出して、かき氷にシロップをかける順番を待…

得意料理はスペアリブの煮込み料理

お題「得意料理」 得意料理とはなんだろう。苦もなく作れて、人からおいしいと言われて、だんだんその料理を作る回数が増えて、それでも人から飽きたと言われずに、待ってました!! と喜んでもらえる料理だとすると、一つある。 スペアリブの煮込み料理。これ…

朝食のパンの代役、なまこ餅

最近、スーパーに買い物にいくのをさぼっています。さぼっていても、何らかの食材が冷蔵庫の中にあるから、あまり急いでいく必要性がないのです。けれども、ちょこちょこ、いつもはAなのに今回はBという料理や食材が増えてきます。 その一つ、パンを切らして…

ビールの好み

お題「好きなビール」 乾杯! をするときはやっぱりビール。その泡のキメのこまかさは何ものにも代え難い。その時のビールの銘柄は、その会の幹事さんが店を決めるときに付随してくるものだから問わないが、お店のビールは泡がおいしい。 家では泡が立つ立た…

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」