いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

現 の 事

日々の暮らしの話

その名前

携帯電話で連絡先を探していると、懐かしい人の名前を見つけました。何年も忘れていたのに、その名前を見ると、その人の在りし日の姿や言葉を一気に思い出しました。 その人は口癖のように「いいのよ、全然かまわないのよ。アナタ達なら惜しいなんて思わない…

不都合な日常生活

何らかの本を読みかけていないと、すぐに物思いにふけってしまう怠惰な性格なので、生活のリズムを作るためにも常に読みかけの本を用意しています。 だから図書館はとても助かります。その本が面白かろうとなかろうと、頓着せずに借りて読むことができます。…

いろんなこと

大変ですね。 コロナウィルス=武漢という方式があっけなく崩れ、優雅な船旅を提供していたはずのクルーズ船が第2のコロナの発生源だと注目が集まり、今では日本のいかなる地域で感染しても不思議ではない状況に至っているそうです。 けれど、私の周辺ではま…

向き不向き

ある日の晩ご飯、家では珍しく、出前をとりました。 買い物に行くのを後回しにしていると冷蔵庫が空になって、今から食材を調達しにいけば外食は必至だという結論に達したので、少し屈折していますが倹約のつもりで、出前をとりました。 ネット予約して待っ…

遠慮深き関係

家には老犬と夫しかいないので、結構、両者にわたって私はズケズケ、物を言います。手加減も容赦もなく、思ったことをそのままストレートに言葉に出します。 臭いものは臭い、汚いものは汚い、嫌なものは嫌と、婉曲的な言い回しも何もせずに、わかりやすく口…

大切にすること

今週のお題「2020年の抱負」 今年も始まってしまいました。あけましておめでとうございます。 正月の三ヶ日は、食事から食事への流れが延々と続いているような日々でした。空腹なときが一時もなく、満腹から満腹への食べ詰め状態でしたが、いいお正月でした…

満足感の名残り

今年はよく、メガネ屋さんに行きました。メガネは常時、3本、あちこちに置いているのですが、度数が合わなくなってレンズ交換に行ったり、つかみそこねたリモコンがフレームの上に落ちて捻れたので手直ししてもらったり、ネジが緩んだので締めてもらったり、…

「あと22日……」

今日は少しだけ楽しいことがありました。 小学生低学年くらいの子どもが一人で歩いていると、なんとなく、「おはよう」とか「おかえり」とか、声をかけてしまいます。 名前も家も知らないけれど、自動車の運転席に座った高さよりも身長が低いか、ぎりぎり高…

山の紅葉

10代の頃、住んでいたアパートの5階の窓から、遠くに山が見えました。その手前には美しい塔がそびえたっていました。私のお気に入りの景色でした。 絵を描くのが好きだったので、窓から眺めた風景を油絵の具で描きました。深緑色の山と美しい塔に見守られた…

中高年のひきこもり……

テレビ予約に勤しんでいると、『中高年のひきこもり 』とあったので予約して大事に見ました。 なんだかね、よくわかります。本当に、よくよくわかります。自分がひきこもり当事者になっていたとしても、違和感がありません。生きづらさ、存在の不確かさ、ア…

干し柿のその後

www.5kakitto.com 10月は干し柿作りを楽しみましたが、その後、実は半分、黴びていました。 やはり、まだ湿度が高すぎたようです。湿度が50%を超えた日が1週間近く続いたせいで、屋外から室内に退避させたにもかかわらず、1つを残して黴びていました。 でも…

人間ドック

年に一度、人間ドックを受けています。それが毎年のごとく苦痛で、数日前になると気が重たくなって、その日を迎えたくないがために、溜息がたくさん出るのです。 これはきっと、人間ドックシンドロームに違いないと、かねがね思っている次第です。誰かどこか…

人生100年時代

本当のことをいいますと、私は人生100年時代という言葉を聴くと気が遠くなります。困ったなぁと思います。 確固たる生きる目標のある人は、いいでしょう。その為に生きるという信念が、無限にも思える歳月を意義のあるものとして、彩ってくれるでしょう。 で…

奇天烈とんでもない台風でした。

無残で悲しい3連休が終わりました。ご無事でしょうか。大変な大災害でしたね。今もなお、多くの方々が体と心の痛みに悶えていらっしゃることでしょう。 私の地域は、台風19号が上陸した地点から何百キロも離れています。普通に考えれば、台風の影響を受けな…

秋の夜長

朝夕、肌寒くなってきました。家の老犬の生活サイクルに合わせて、私も奴が寝ている時を見計らって、早めに寝床につくようにしています。奴がゴソゴソし始める時間は真夜中3時頃です。 私も一緒に起き上がり、奴の用足しに付き合います。どんなに足が悪くな…

小さな揺れ

台所に立っているとき、家が小さく揺れました。その揺れは、一瞬のことでした。 ご近所さんの大きな車のドアの開け閉めで、その風圧に耐えかねて、私のかわいらしい家は揺れることもあるので、その時は気にも止めていませんでした。 この家、大丈夫かしら? …

夏片付けと秋支度

秋になりました。秋になると、空が綺麗ですね。年中、空を見上げていますが、秋空の色が好みです。 昨日は、100円ショップで手芸関連グッズを見に行きました。この秋、活用予定の小さなトートバッグの口がパカパカ開いてしまうので、何かいい方法はないもの…

台風の爪痕

今年も、ひどい災害が起きています。遠く離れたところに思いを馳せて、手をこまねいています。何をどうすれば、少しでも手助けになるのかと考えています。 私は水がない、電気がこないような状況を経験したことがありません。明るい部屋の中、エアコンを快適…

つける薬なし

「楽しんで頑張ってね」と、メッセージをしてしまいました。 どこか嘘臭くて、しらじらしくて、もどかしいのですが、他に結び言葉が思いつきません。 「じゃあ、またね。元気でね」がそれに続きます。 苦しいことや辛いこと、悲しいことが沢山あるはずだと、…

詳細を読まない癖

涼しくなってまいりましたね。10月から増税されるというニュースを見聞きして、私も何らかの家計的対応を考えるべきか否かと、小賢しく思ってはいました。 ちまたで、「〇〇ペイで支払いをすると、どれだけ得するか!」という情報が氾濫しています。でも、電…

夏休みの宿題

今週のお題「わたしの自由研究」 恥ずかしながら、私は、しっかりと宿題に取り組んだことは一度もないのです。夏休みの自由研究は、苦痛以外の何者でもありません。 それでも、姉が両親から100%の手助けを得て、昆虫採集を仕上げていた夏の日のことは、いま…

残暑中お見舞い申し上げます

今週のお題「残暑を乗り切る」 ここ最近の朝夕はとても涼しく快適に過ごせています。雨が降ったりやんだりしている関係でしょうか、エアコンの風にあたると「寒い」とさえ感じてしまいます。 子どもの頃から、「盆が過ぎるとクラゲがでるから、海水浴には行…

徒然なるまま

楽しみにしていたお盆も、あっけなく終わりました。そうなってみると、お盆疲れが出てきたのか、何もかもが楽しくありません。隠れていたストレスで全身を覆ってしまったかのように、昨日は1日、根暗でした。 酒に溺れ、ゲームに溺れ、そのうち廃人と化すの…

今年の盆、さようなら

逆からみると、どうなのでしょうか。 面倒くさい母と思うでしょうか。 それでも、外に出て行った子ども達が家に戻ってくることを、とても楽しみにしてしまうのです。 子ども達が戻ってくる日がわかれば、盆休みのない職種でも休暇を取得するように頑張ります…

揺れ動く異世界との狭間

今週のお題「人生最大の危機」 精神の危機的なことが再々起こっていた10代の頃の話です。日常的に、気持ち悪くてその上気味の悪いことを感じやすい年頃だったのかもしれません。 仲の良い友達がいなかった私は、長く退屈な夏休みにも、毎日のように真面目に…

笑顔のひと

Apple社のAIRPODSのCMに、とても惹かれています。 部屋の中にいる浮かない顔の男がベッドに腰掛けていて、つまらなそうにゴムボールを壁に放り投げます。跳ね返ってきたボールを器用にうまく受け取ると、意を決したように外出のしたくを始めるシーンからスト…

発見、これイイネ

土曜日の朝一番からお買い物をしました。夕方に買い物にいってもよかったのですが、昼いちばんに出産祝いに駆けつけようと思っていたところ、祝儀袋のストックがないことに気がついて、慌てて買い物にいきました。 最近、文房具屋さんが消えてしまって、本屋…

夏が来ました

本当に今日は暑かったですね。梅雨明けしたのは、今日の午前でした。 昼下がりに外を歩いていると、幼児とお母さんが郵便局の前に自転車を停めて、自動扉の向こうに消えていくのが目に入りました。 郵便局に入りたい、涼しいだろうな……と思いながらも歩いて…

ちょっとした冒険

最近、野暮用で一人で往復5時間かけて、今治まで行ってきました。2日間あれば寄ってみたいところは沢山ありましたが、朝10時に出発して、夕方6時には家に戻ってきたかったので、寄り道はせずに弾丸ドライブになりました。 道案内は、カーナビです。カーナビ…

頂きを目指して

最近、寸暇を惜しんでゲームをしています。仕事の合間、趣味の合間、家事の合間と、途轍もないエネルギーをゲームにそそぎこんでいます。 これは、まぎれもない現実逃避の兆候で、ストレスがたまるとゲームに没頭したくなるのです。たまたま、それが薬物でも…

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」