いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

朝食のパンの代役、なまこ餅

最近、スーパーに買い物にいくのをさぼっています。さぼっていても、何らかの食材が冷蔵庫の中にあるから、あまり急いでいく必要性がないのです。けれども、ちょこちょこ、いつもはAなのに今回はBという料理や食材が増えてきます。

 

その一つ、パンを切らしてしまいました。ホットケーキはこの前食べたし、どうしようかなと考えていると、冷凍庫に眠らせたままの餅を思い出しました。

 

餅は餅つき機で去年実家でつきました。我が家の「普通の餅」は「まるもち」で、出来たての熱い餅を左の親指と人差し指で丸餅ひとつ分ずつ締めるように切っていき、冷めないうちに大急ぎで、丸い形にしていきます。空気を入れずにシワを作らずに、「きれいになれ、きれいになれ」と念じるように丸めるのです。

 

今回のパンの代わりにしたのは「まるもち」ではなく「なまこ餅」です。その名前が気持ち悪くて、若い頃は苦手でした。海鼠です。その形の餅を「なまこ餅」と名をつけた人は思いもしなかったでしょうが、その名前のせいで、どうしても食べたくない物の一つでした。

 

そんな幼稚な苦手意識は大昔に卒業したので、去年も「なまこ餅」を作りました。なまこ餅は、作るときは簡単です。つきたての餅を適当に大きく分け、手で太い棒状の形に整えるだけです。自然に上がダランと円弧を描いてきて、海鼠形になるのです。

 

それを一日、そのまま置いた後、自分の好みの厚さに切り分けます。この「切る」という作業をうっかり忘れていたら、大変です。餅の塊ですから、硬くなっては切ることができません。グラインダーでもあれば出来そうですが。

 

その「なまこ餅」を一人当たり2枚ずつ、マーガリンを溶かしたフライパンに並べて、蓋をして蒸し焼きにします。その間、コーヒーを沸かして、目玉焼きとウインナー、生野菜などを準備します。

 

時おり、焦げ付かないように、フライパンをゆすります。3分経った頃、ひっくり返して、また蒸し焼きをします。全体で10分もかからずに、朝食の出来上がりです。

 

お餅は醤油をかけてもいいし、チーズをのせても美味しいです。

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」