いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

9月、セプテンバー、長月といえば

9月になれば、Septemberの歌を思い出しますね。といっても、Earth, Wind and Fireではなく、財津さんのチューリップ、「セプテンバー」ですが。

 

9月といえば、学校生活では、2学期制ならば後期が始まりますし、3学期制ならば2学期、秋入学なら入学の月、夏休みが終わって運動会の練習が始まる月、大学なら前期試験の結果が出て授業料などを振り込む月ですね。

 

9月といえば、日常生活ならば、秋植えの種を撒き始める月、敬老の日十五夜秋分の日、墓参り、ススキ、コスモスの花など。

 

敬老の日がまだ9月15日だった頃、毎年、悩んでいました。実家の親に敬老の贈り物をすべきか否か? せめて孫を見せに連れて戻るか否か? なんとなく、居心地の悪い月でした。今は、あっさりスルーしています。

 

敬老の日をスルーできるようになった訳は、敬老の日が9月の第3月曜日になったというハッピーマンデー制度自体が、私の中で違和感を覚えていて、未だに定着していないからです。

 

3連休になったって、旅行に行く人ばかりではありません。それより、平日にポッと休みがあった方が、個人的に嬉しいし、祝日は何日だと決まった数字があった方が覚えやすいから。でも、感謝もしています。忘れたことにできるから。あらら。

 

 

 

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」