いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

風が吹いていた夜

 

風が吹くと、開いた襟首から冷たい夜の空気が体の中を駆け巡って、袖口から出て行く。そう、あの日もこんな風が吹く肌寒い夜だった。

 

白襟に紺色のワンピースに急いで着替えたのは、きっと彼が来る予感がしていたから。一番、お気に入りの服なら、きっと不安な気持ちが彼に伝わらないから。

 

「大丈夫ですか」

歩くたびに、石ころがゴロゴロ下に落ちていく山の中、先を歩く彼が振り向いた。

「平気よ」

何故、その場所を歩いているのか、あの日ですらわからなかった。今はもう、ないかも知れない。

ただ、確かなことは手を伸ばせば彼がいたということだけ。だが、覚えているのは、私は気弱で臆病で、届くはずの手を、伸ばせなかったということだけだ。

 

「寒いですね」

私は返事をしなかった。

「もう遅いですね」

私は返事をしなかった。

「今度どこか遠くに遊びにいきましょう」

私はすぐさま「はい」と答えた。

すると、ふふっとわらう彼の気配とともに、彼の手が私の指先に触れた。 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」