いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

秋の空とシャッターチャンス

秋になると、朝、大きな川土手から見える空の風景は、心を奪われる。藍色をどれだけ薄めれば、あの空の色がだせるのだろうか。そこに浮かぶ真っ白な雲は、一点の陰りもない。

 

今、この瞬間の空の写真を撮りたい、と思いながらも、朝の通勤時間に人の流れに逆らってシャッターを切る勇気もなく、空を見上げてはため息をつくのだ。あの美しい朝の空を彼も見上げているだろうか。

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」