いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

最近のこと

最近、このブログの「記事を書く」で、600字くらい書いては削除している。書いているうちに、実はこんなことを書きたいわけではないと冷めてしまうからかも知れない。

 

最近、伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」を合間合間に読んでいる。モーツァルトアイネクライネナハトムジークは、ピアノリサイタルやクリスマスコンサートなどで子供の頃から聞きなれた曲だ。

 

ある小さな夜の音楽が直訳だから「小夜曲」が答えなのかもしれないが、小夜曲を辞書で索くと「セレナーデ」が出てくるので、よくわからなくなる。「アイネクライネナハトムジーク」イコール「セレナーデ」は、感覚的に不均衡だ。夜、あんな溌剌とした曲を聞きたいとは思わないし、いきなり窓下であの曲が流れたら酔いどれストーカーが嫌がらせしているのかと恐怖で震えるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」