いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

ニュースで妄想が蠢きました

f:id:nijiironoashita:20171115175429j:plain

https://cdn.pixabay.com/photo/2014/10/26/11/47/kitten-503753_960_720.jpg

わけがわからないけれど、この頃、悲しすぎる事件が多すぎますね。なぜこんな時代を迎えなければならないのか、悲しすぎます。以下、妄想です。

 

「アンタがちゃんと、いいとこに就職してないから。アンタがちゃんと、嫁をもらわないから。母ちゃん、こんな歳になっても気苦労しなきゃ、いけないんだよ、まったく、馬鹿な子だよ、別れたバカな父ちゃんに似たのかしら……」

 

そんなお母様の発言によって起こったのですか? それならば、悲しすぎます。大丈夫、大丈夫、貴方はアンタでなんかありません。貴方は大丈夫。

 

言葉はとても、むずかしいですね。その言葉で自暴自棄にもなり、違う言葉で頑張ろっと思うものです。でもね、お母様も貴方に自暴自棄になってほしくて、言ったわけではないのですよ。きっと。

 

そう、きっと、たまらなかったのでしょう。きっと、悲しくて辛くて愛しくして、言ってしまったのでしょうね。

 

貴方は大丈夫。そう、深く深く、深呼吸しましょう。貴方はとても笑顔が素敵な人だったじゃないですか。そう、いつも一生懸命に、頑張っていたじゃないですか。それはお母様もよく知っています。みんな、知っています。だからこそ、また、きっと、貴方が笑顔になる日がくるはずだと、お母様もみんなも願っているのです。

 

そう、少し焦ってしまって、言葉を間違えてしまったのでしょうね。今、頑張れ、今、成果を出せ、今、今、今。

 

今、頑張ってたとしても成果がすぐに出るわけがないのです。そんなこと、誰もがわかっているはずです。でも、そうとしか言えなかったお母様。

 

大丈夫。深く深く、深呼吸しましょう。大丈夫。信じてあげましょう。大丈夫。

 

信じていれば、信じられているという温もりが自信に変わるのです。その自信が少しずつ、人生を変えていくのです。大丈夫。だいじょうぶ。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」