いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

氷点下の朝

この冷たい朝、テレビニュースをみていると、雪のために停電している町があるという。電気が通じていないということは、暖をとるのも大変だろう。エアコンも電気ストーブもファンヒーターも使えない。こんなとき、一人暮らししている人はさぞ心細いだろう。

 

携帯電話のバッテリーが消耗したら、もう一人ぼっちになる人もいるだろう。停電ではコンビニも休業に追い込まれているかもしれない。第一、大雪で外に出られないかもしれない。だいじょうぶですかー?

 

こんな時、やっぱりそばに誰かいる方がいい。寒いねとつぶやけば、寒いねと返してくれる人なら誰でもいい。それが雪の精でもロボットでも、人の形をしていたら。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」