いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

のんべんだらりの話

土・日・月の三連休はとても「のんべんだらり」と過ごしました。それでも1日に一つは生産的なことや有意義なことがしたくなって、土曜日は洗面台の蛇口のパッキンを交換して水漏れを修理し、日曜日は新店舗の日配品屋さんに出向いて特売の殻付き牡蠣を買い、月曜日はパソコンに向きあいプライバシーポリシーとは何ぞや?を学習しました。

 

「のんべんだらり」とは、無為に時間をやり過ごすことですが、なかなかこれが難しいものです。ケチなんでしょうか。もし、私がケチで小心な人間ではなかったら、「ゆっくり」過ごしたと思うはずです。

 

でも、「この3連休、とてもゆっくり過ごさせてもらったわ」と表現するとしたら、温泉旅行にでも行って、上げ膳据え膳してもらって、ご満悦だったという自慢話に発展しそうです。

 

そうではなく、平凡な日常生活の中で、何の用事も心配もない休日の3連休は、謙遜と自嘲を込めて、やっぱり「のんべんだらり」と表現するのが相応しいと思うのです。そして、「この3連休、のんべんだらりと過ごしていたわ」「わたしも、わたしも。ずっと家に引っ込んでいたわよ」と続くはずです。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」