いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

過去に戻っても同じこと

プロポーズ大作戦』の再放送があるたびに、いつも観ている。その度に、ケンゾーの、礼の友人代表のスピーチに涙する。

 

過去を変えたいといつも思っていた。そう、私も本気で思っていたのだ。だけど、妖精は現われてくれず、必死でもがいている私を助けてくれる友人もいなかった。

 

いいなぁ、『プロポーズ大作戦』は。うらやましい限りだ。でも、思うのだ。きっと、過去に戻っても同じことなのだ。ドラマはさすがだ。過去に戻りたいと思う現実を仮想の物語で疑似体験させてくれる。

 

過去に戻っても、きっと、私はいい子ぶるのだ。そして、きっと、不毛な結婚をするだろう。1日も365日も10年も30年も過ぎても、何も育むことはない不毛な結婚だ。何も生まれない。何も感じない。懐かしささえ憶えない不毛な時代を体現するのだ。

 

でも、仕方がないのかもしれない。それは、運命というものかもしれない。だから、いつも願うのだ。幸せになれますように。みんな、みんなひとり残らず、幸せになれますように。願いが叶いますようにと。

 

いつかきっと、みんなが幸せになれますように。有り得ないと思うけれど、奇跡は起こるかもしれない。いつかきっと。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」