いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

無音ー心の叫びー

どんな人生を送ってきたのか、それはわからない。けれど、きっと家の目上の人とも、関わり合いがうまくいっていなかったのは、想像できるのだ。簡単なことだ。その男は父親が嫌いだったのだろう。そして、父親くらいの老いた男性を見ると、無性にいらいらするのだろう。

 

そう、だからといって、赤の他人の老人を愚弄するのはやめてくれ。一生懸命、真面目に生きてきた老人をないがしろにすることは、よしてくれ。そのつまらない脳みそのちっぽけな間違ったプライドで、100年近く真面目に生きてきた老人を淋しい気持ちにさせないでくれ。

 

どんなに技術や技巧を研鑽したところで、お前は素晴らしいものを生み出す器ではない。何故、それがわからないのだ。間違っている。気持ちが、心が、魂が、そこにないのだから、何を培おうとも無意味だ。無意味ならば、せめて無害になってくれ。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」