いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

おしろい花

オシロイバナに気がついたのは、たまたま信号が赤になったからです。誰が植えたのでしょうか。いつのまにか路肩の花壇に、オシロイバナがありました。珍しい花ではありません。昔、嫌というほど、飽きあきするほど見た花です。

 

そのオシロイバナに目を奪われた理由は、花が黄色だったからです。黄色のオシロイバナを初めて見ました。赤色と黄色の花がポツポツと咲いていました。鮮やかな黄色、ポップな黄色、まさしくイエローです。

 

家に戻って、オシロイバナについて調べました。赤色、黄色、白色、赤白、赤黄などいろんな組み合わせの花が咲くようです。少し、オシロイバナを見直しました。地味な雑草のくせに株が大きい、図々しい花の代表格が私にとってのオシロイバナです。

 

茎や葉が大きくて丈夫なくせに、地味な花しか咲かさない。そのうえ、花がしぼんでいるところなど、まるで幼児が拗ねてふくれっ面をしているようです。花が落ちたあとは黒く大きなホクロのような種が1つ残ります。その種の表面はザラザラシワシワで、可愛らしさに欠けています。

 

そんなオシロイバナが、黄色でした。ようやく君もオシャレになったね、きっと誰かに認められたんだね、と路肩の花壇のおしろい花に思いを馳せました。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」