いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

『半分、青い。』と『義母と娘のブルース』

俳優さんはスゴイですね。気がつきませんでした、というか、ようやく気がつきました。最近、毎日『半分、青い。』と毎週『義母と娘のブルース』をみているのですが、佐藤健さんは、萩尾律くんと麦田章さんの役をしていたのですね。

 

私のイメージの佐藤健さんは、『半分、青い。』の萩尾律くんなので、律くんが出てくる場面はとても好感がもてます。

 

それにひきかえ、『義母と娘のブルース』の麦田章(呼び捨て)は、ドラマ前半からストーリーに秩序立てなく、神出鬼没する軽佻浮薄な奇人変人でした。どこかで見たことのある俳優さんだな、とは思っていたのですが、同じ佐藤健さんだとは思ってもいませんでした。

 

義母と娘のブルース』も後半になり、義母が娘に働く姿を見せるミッションを自らに課して、倒産間近の麦田ベーカリーを建て直す運びとなりました。ここで愚鈍な私にも、ようやくストーリーが見えてきて、気持ちが落ち着きました。

 

何故ならストーリーに関係なく、毎話、存在感の強いキャラクター(麦田章)が登場する話というのは、面白いことは面白いのですが、種明かしが遅くて『プロポーズ大作戦』の『妖精』のような存在なのか?と疑っていました。でも違うのですね。人間の奇跡のドラマ?なのかもしれません。まだわかりませんが。

 

中島みゆきさんの『糸』の歌詞を脈絡もなく、思い出しているところです。重さ軽さはありそうですが、共通点がみつかりそうです。

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」