いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

秋祭り

祭りののぼり旗がたくさん、たっています。眠くなるような晴天の昼下がりです。ドンドンヒャララドンヒャララ、ドンドンヒャララドンヒャララ、朝から聞こえる笛太鼓……と思わず口ずさんで、曲の題名を思い出そうとしましたが、思い出せないのでネット検索しました。

 

曲名は『村祭り』ですね。村の鎮守の神様の、今日はめでたいお祭り日……。さっき、子ども会中心のお神輿が家の前を廻ってきました。ハッピを着た子ども達が嬉しそうにして、大人のかける掛け声に合わせて「ワッショイ、ワッショイ」と言いながらはしゃいでいました。

 

今年も『お花代』は、千円札1枚にして、封筒にいれました。年々、少なくなるのは、子どもの人数だけではありません。お神輿を待ちかねる町民の人数とそれに比例するお花代の総額も、減少し続けているのでしょう。

 

秋祭りも終わると、もう寒くなりますね。今年はカメムシが多く出ています。カメムシが多いと、ひどく寒くなるという嘘か誠かわからない話を思い出しました。どうぞ、風邪におきをつけください。

-------追記------

 ★ 断言するまで調べきったわけではないのですが、カメムシさんは越冬するのですね。寒く厳しい冬でも、なんとかして越さなければならないようです。その為に、できるだけ越冬しやすい温かい場所を探す、のだそうです。

 

だからなんですね、毎年、どこかにいるはずですが、今年に限って私の目の前によくカメムシさんが現れます。エアコンをガンガンにきかせて、常夏のような我が家がカメムシさん達の間で、噂になっているのでしょうか?

 

それにしても、今年の冬はひどく寒くなる! なんて気象予報できるカメムシさんの能力は、すごいですね。あやかりたいです。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」