いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

本屋さんでの本選び

本屋にフラリと寄りました。行き慣れていない、古本も売り買いしている大きな本屋さんです。何か、面白そうな本はないかなぁと、探していました。まずは、新刊と大きく書かれたところに行きました。

 

新聞やテレビで見たことのある題名の本も、並んでいます。表紙を見ただけでは、面白そうかどうかはわからないので、本を手に取って、裏表紙の内容説明を読んでみます。

 

それでも、その本が読みやすいかどうかは、わかりません。おもむろに、パラパラとページをながら読みして、漢字が多くて全体的に黒っぽい本や、空間が目立つカタカナの多い本は外します。会話が多い文体も、敬遠します。

 

そこでようやく、この本を買おうかな、と手に取る本が狭まってきます。そこからです。古本も常設されているので、既に古本が出ている可能性があるので、そこへ場所移動して同じ本を探します。新刊の古本ならば、たいして安くはありませんが、200円程度は安く手に入ります。

 

でも、往々にして、読みたい本は他人にも人気のある本なのでしょう。古本の書棚に並んでいないので、仕方なく定価で購入することになります。

 

今回は、『コンビニ人間』村上沙耶香氏著です。面白い世界観です。私もよくコンビニに行くのですが、「コンビニの音」に注意を払ったことがないので、今度行くときは耳を澄ませてみようかと思います。まだほとんど読んでいないのですが、文章は読みやすく、内容も共感できそうで、続きが楽しみです。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」