いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

今年の抱負を具体的に刻むこと

今週のお題「2019年の抱負」

毎年、「こんな1年にしてみたい」という抱負を漠然と抱いています。けれども、それが達成できたかどうかと聞かれると、そもそも抱負が漠然としているので達成感もなく、抱負がなんだったのかも過去を調べないとわからないというテイタラクです。

 

今年の抱負は、「楽しい1年にしたい」というこれまた漠然としたものなのです。人様に言えるような堂々とした確固たる目標も目的もありません。それでも、ちまちました願望はあるのです。そのちまちました願望を叶えることが「楽しい1年」という言葉に凝縮されているのです。

 

というわけで、楽しい1年にするために、刻々と過ぎていく歳月をやり過ごすことのないように、具体的に予定を立てて、現実に時を刻むことが今年の抱負ということになりそうです。

 

ちまちました願望は6個あるのですが、その中の1つだけ紹介します。かつて子どもの為に購入したスピードラーニングを150時間聴き続けることです。これは、夫にも話しました。夫は「外国旅行に行くのを楽しみにしているよ」と言っていましたが、外国に行く予定はありません。

 

洗濯物を干したり畳んだりしている間に、聞き流すというのがマイルールなので、今年中には済まないかもしれません。スピードラーニングの効果が、私にもあるかどうかわかりませんが、実験です。楽しみです。

 

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」