いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

マインドフルネスの場所

Eテレを見ていると、「マインドフルネス」を紹介していました。字面をだけ見ると、マインドフィットネスかな?と、染み付いている言葉に引っ張られてしまいます。「マインドフルネス」とは、今この瞬間の自分の精神に意識を集中すること、またはそうなる為にする瞑想などのメソッドのことのようです。

 

テレビでは、心理カウンセラーもされている先生が、上座に座って、初心者さんに手ほどきをしていました。座布団で胡座を組み、目を閉じて自分の呼吸だけに意識を集中していきます。

 

その間、いろんな雑念が浮かんでも、それに囚われることなく、息を吸ってお腹が膨らみ、息を吐いてお腹がへこむことに、意識を戻していけばいいようです。

 

この他に、お茶を飲むという動作を使ったマインドフルネスも紹介されていました。お茶の香り、茶碗の温かさ、または冷たさ、茶碗を持ち上げた時のお茶の揺れ、お茶を飲んだ時の口内から喉に流れる感触などに、意識を集中されていました。

 

普段ならば気にも止めない体のメカニズムを一つ一つ意識することにより、生命体として安心するのでしょうか。マインドフルネスをすると、日頃のストレスも軽くなり、生きることに意欲がわくようです。

 

ただ、マインドフルネスをするために、どこかに出かけていくのは何か違うような気もします。家でこそ、心を整えられる唯一の場所であってほしいと思います。けれど、これが一番、難しかったりしますが。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」