いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

こがねいろ

法話を耳にする機会が最近、何度かありました。

 

七回忌までの法話の時間は、故人の在りし日の姿を思い浮かべることに熱中するあまり、ご住職のありがたい話の内容が、頭の中に入ってこないことがほとんどでした。

 

けれど十三回忌にもなると、故人が残してくれた縁のある人とともに、同じ時間を過ごせることを実はとても楽しみにしていました。それだけに、今回のご住職のお話は、スッと耳から体に入ってきました。

 

理解したつもりが勘違いしている箇所もあるでしょうが、こんな内容でした。

 

阿弥陀如来様を祀ってあるコノ仏壇の色は、黄金(こがね)色です。仏様の世界は、このように、きらびやかで豪華な世界、美しい世界というイメージを持っている人が多いでしょう。

 

それは少しちがいます。現実の世界では、好きな有名人や憧れのスターを目にすると、輝いて見えることがあります。自分にとって良い人は輝いてみえるのに、逆に嫌いな人や苦手な人を目にすると、色あせてみえます。ましてや輝いては見えることはありません。人は誰しも、そんな節があります。

 

けれども、仏様は、有名人やスターに限らず全ての人に対して、そのひとつひとつの命を黄金の光で照らしてくださっています。つまらないダメな命はこの世に一つもなく、皆同じ価値のある大切な命だと教えてくださいます。

 

仏様のように、誰をも同じように尊ぶことは難しいことですが、そうできるように努力することは出来ると思います」

 

そうなんですよね、頭ではわかっているのです。誰に対しても親切にしたいし、話をきいてあげたいし、大事にしたいとも思いますが、実際の話、身近な人にこそ、厳しい目を向けてしまいます。

 

私はここまでしているし、考えているのよ。だから、あなたもここまでして、もっとよく考えてほしいわ、と、対等に渡り合ってしまいます。無条件に愛せる人と、条件つきでも愛せない人がいることを自覚しているので、私にとっては苦い法話でした。

 

ごく小さな内輪だけの法事でした。ご住職のお斎は御膳料としてお渡しする算段になっていたので、とても気楽にお昼を準備できました。

 

集まったのは、幼児を入れても10名に手が届きません。平均年齢にすると、喜ばしいことに、35歳です。計算上の平均年齢とは、どんなに実態とかけ離れているものでしょうか。

 

それはともかく、老若ともに集った少人数の法事でしたので、精進料理はやめにして、『行楽弁当』にしました。豪華なお花見弁当を囲んで、美味しいねと言いながら時間は過ぎて行きました。

 

ただ、黄金色の解釈が今ひとつ、まだ腑に落ちていません。またいづれかの機会にお教えいただきましょう。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」