いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

願い

いよいよ明日は新元号のお披露目ですね。「新しい元号は、何だと思う?」というなぞなぞの解答が、ようやく出るわけです。

 

私にとっての平成という時代は、薄っぺらになることに必死になっていた時代でした。大切なもの、重荷になるものをご丁寧に、ひとつ残らず捨てていったような時代でした。

 

その代わりに、気楽なものや安っぽいもの、便利なものを必要以上に取り込むことに必死になっていた時代でした。

 

そして、今度はどんな時代になるのでしょうか。できることなら、生き直しの時代になればいいと思います。無駄だと思って捨てていった感情を一つ一つ取り戻せたらいいと思います。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」