いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

AIさんにお願い事

それは、わかるのです。とてもお気の毒です。ひどいことです。むごいことです。

 

自動車事故でアクセルとブレーキの踏み間違いは、それが高齢者だとしても病気だとしても、許しがたい話です。そんな事故を起こされては、どこに悔しさをぶつければいいのか、どこに悲しみを訴えればいいのか、わかりません。

 

被害者の親族、知人、すべての人の悔しさ、もどかしさと、すべての運転者の恐怖と不安は、癒されることはないでしょう。そう、これは永遠のテーマです。社会的な行動をしている限り、いつでも被害者にもなり、いつでも加害者になりうるのが、交通事故です。

 

でも、だからといって、「高齢者の車の運転は、危ない」「免許証を〇〇歳で返還するべきだ」とか、「病気で、薬を服用している人は危ない」「運転するべきでない」とか、すべてのことを一括りに考える風潮になることには、大反対です。

 

高齢の方は、丁寧な運転、確実な停止をされている方が多いように思います。そしてまた、持病をお持ちの方も、自分の体調に人一番、敏感な方が多いような気もします。

 

悲しい交通死亡事故のニュースが、毎日のようにテレビで流されています。いったい、どうすればいいのでしょう。飲酒運転などは、言語道断です。そのほかの、アクセルとブレーキの踏み間違いなどの事故、病気の事故などは、どうしたら防げるのでしょうか。

 

それこそ、こういうところで「A I」の人工知能で、なんとかしてほしいものです。運転席に入るやいなや、「アンタ、キョウハ、ウンテンデキマセン。ムリデス」と判断されて、エンジンがかからないとかになると、助かります。

 

ついでに、「アンタノ、カワリニ、シカタナイノデ、ジドウウンテンヲ、シテアゲマス。モチロン、オカネハ、カカリマスヨ」と皮肉まじりに自動運転してくれるAI機能を、すべての車に搭載してもらえたら………、いうことありません。エンジニアの皆様、お願いします。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」