いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

固定電話について

お家の固定電話、必要ですか? 

 

一人1台当たりの携帯電話が普及されているにもかかわらず、数年前までの老親は、まだ固定電話に電話を掛けてきていました。

 

早朝や深夜に固定電話が鳴ると、なにか不吉な予感がして、ビクビクしながら受話器を取っていました。

 

その老親でさえ、最近は携帯電話に掛けてきます。そうなると、固定電話の出番は、営業のお電話オンリーです。

 

「お世話になります。✖✖さんのオタクですか?  こちらはナントカカントカですけれど、ダレソレさんはいらっしゃいますか?」

 

10年前に1度、購入した化粧品会社からの電話です。

 

「はい、ダレソレですが、スミマセン。もう興味なくなりましたので、ごめんなさい」と固定電話の前で平身低頭しながら、私は何をしているのだろうと疑問に思います。

 

選挙があると、留守電が入っていることがあります。自動音声で「こちらは〇〇です。応援ありがとうございます。一生懸命、頑張ります。今後共、応援宜しくお願いいたします」と、録音されていました。

 

なんだかなぁ、と思います。

 

固定電話って、必要ですか? 必要ないですよね?

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」