いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

久しぶりなのに……

夢は、夢の中の話です。どう考えても、自分の頭の中で、好んで作った話です。

 

それならば、何故、好ましい夢をみることができないのでしょうか。

 

いいじゃないですか。自分が勝手に作る夢なんですから、嬉しくなるような、また明日を頑張ろうと思うような夢を、どうかみさせてください。

 

アナタハ、ワタシガシッテイルアナタヨリ、モウ、カワッテシマイマシタネ。

 

そんなことを夢でさえ、聞きたくありませんでした。どういう意味なんですか。いえ、夢の話ですから、きっと、自分が頭の中で、好んで作った話……かもしれませんが。

 

でも、絶対に、それはちがいます。夢の中で、私は落ち込みました。夢の中で、私は沈みました。

 

私は会えたことが嬉しくて、ただ、嬉しくて、何も言葉を口にすることができませんでした。ただ、ただ、嬉しかったので、何を言われても、ただ嬉しくて、聞いていました。

 

チガイマス、ワタシハ、カワッテハ、イマセンヨ。アナタノシッテイル、ワタシデス。

 

そんな風に反論することもなく、ただただ、嬉しかったので聞いていました。見ていました。夢の中の話です。

 

本当に久しぶりに、アナタを見ました。痩せましたか。お元気ですか。どうか、幸せに暮らしていてください。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」