いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

ご機嫌になるために

最近、家で無口になることが増えています。きっと忙しすぎて、互いに脳が疲れているのでしょう。

 

二人きりで過ごす時間に、無音というのは気苦労なものです。

 

音楽でも流れていればいいのですが、冷蔵庫の音、エアコンの音、パソコンのファンの音のみの空間の中、何も話さずにいることに耐えられる人は、よほど相手に興味がないか、よほど疲れているかのどちらかでしょう。

 

そんなことをグダグダと考えて、不機嫌の上乗せするのも癪なので、ご機嫌になる方法を考えることにします。

 

自分がご機嫌になるためには、側にいる人をご機嫌にするのが手っ取り早い方法かもしれません。

 

でも、何もないところから、何も生まれてきません。ご機嫌の種は、もしかすると食事の内容でしょうか。いつもの野菜中心の食事から、動物性タンパク質中心に変えてみましょうか。

 

トンカツにして、付け合せはフライドポテトがわかりやすいかもしれません。考えるだけで胃もたれしそうですが、喜んでくれそうなメニューです。

 

トンカツとフライドポテトでご機嫌になれるかどうか、秘密の実験ですが、結果が楽しみです。

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」