いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

家ごはん

合理的と手抜きは、とてもよく似ています。同じものかと勘違いしてしまうこともよくあります。

 

私は合理的なことがどちらかといえば好きで、家事に対しては必要か必要でないかを取捨選択の基準とする癖があります。

 

手抜きをしているつもりはないのですが、合理的に動いていると、気持ちがこもらないことが多いのにも気が付いていました。

 

そのために、家事をするとき、怖い顔をしていることにも、うすうす気が付いていました。

 

無駄とか無意味とか、子どもの頃は大嫌いな言葉でした。それなのに、無駄をなくし、意味のあることだけを良しとしている大人の私は、子どもの頃なら苦手な人間だったに違いありません。

 

ということで、もう夕方。今日の家ごはんは、焼き魚に冷奴、汁物、漬物という地味な献立ですが、丁寧に気持ちをこめて作りましょう。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」