いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

「スポンサーリンク」

こどもの日に何をする?

我が家の子ども達が大人になると、親の立場の「こどもの日」は意味のないものになりました。

 

雨風の強い日には鯉のぼりを上げたり下げたりしたことや、鎧兜や刀の飾り場所に毎年苦心をしていたこと、好みの味ではないとわかっていても毎年、粽を買って食べていたことなど、すべて過去の話です。

 

そして今年。

 

もうすぐ、孫が生まれます。しかも、男の子だそうです。来年はきっと初節句で、鯉のぼりや鎧兜や刀を飾って喜んでいる私がいるはずです。

 

その下準備に、今日の「こどもの日」は、以前道の駅で見つけた小さな木製の鯉のぼりに、黒・赤・青と着色します。上手くできるといいのですが。

 

来年は、青空の下で大人数で笑い合えるこどもの日になりますように。

 

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」