いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

好きな食べ物、大葉

最近、私の食生活は大葉中心です。あの「青ジソ」のことです。お店で何束もセットになって売っていたので、ふたり暮らしでは多過ぎるかなとは思いつつ、買っちゃいました。

 

調理方法は3通りあり、焼く、炒める、揚げるのどれをとってもそれなりに味わい深いものです。その中でイチ押しは、揚げる! です。

 

細い千切りが簡単にできるベンリナーという器具で、ニンジンを1本千切りにします。そこに紅生姜の千切りしたもの、大葉を千切りにしたもの、それから鰹節などを全部一つのボールに入れて、小麦粉と水で混ぜ合わせて揚げるだけなのです。

 

 揚げ方にコツがあるのだと思うのですが、コツが取得できないまま、何故か最初に揚げたものが一番カラッとして美味しそうに出来上がります。

 

きっと、2番目にタネを入れるとき、油の温度が下がっているのかもしれません。また、油が最初より汚れてくるからなのかもしれません。

 

ただ、タネを入れる回数が増えるごとに、ベチャッとした揚げ上がりになって食欲減退するなぁ……と思いながらも我慢をして油吸い取りシートに置いておけば、食べる頃には一番に揚げたものがどれかわからないくらいに、均一にカラッとしているのが不思議です。

 

それからスパゲッティーのペペロンチーノに大葉を大量に入れるのが好きです。ペペロンチーノって、材料がニンニクと唐辛子くらいで、野菜不足で不健康な気がしてきます。サラダを多めに食べたり、スープは具沢山にしたり工夫しています。けれども、ミネラル豊富な大葉をパスタと一緒に炒めると、とても健康的な食べ物になり、味も私好みになります。

 

大葉を焼くというのは、椎茸の肉詰めに大葉を葉の形のまま貼りつけてフタの代わりにして焼いたり、チーズと大葉をベーコンで巻いて焼いたりするのが好きです。

 

もちろん、生のままでもいいのですが、生のままだと良さが半減してしまう気がします。香りも引き立たないし、色も鮮やかさに欠けます。けれど、防腐効果があるらしく、お弁当などのおかずの仕切りにはよく使っていました。まあ、昔の話ですが。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」