いつかきっとがもう間近

ありのままの生活と夢の中

畑しごとと墓参り

大の虫嫌いですが、仕方なく畑しごとをはじめてから、一つの季節が過ぎようとしています。正直なところ、意外に畑の虫は気になりません。信じられない話ですが、畑に虫が存在しないかのように、気にならないのです。

 

たとえば、カバンの中から蟻が出てくれば、キャーと叫んでしまうでしょう。けれども、土の中から蟻が出てくるのは自然なことなので、驚きもしません。キャベツの葉っぱに、あお虫が沢山ついていたときには鳥肌がたちましたが。

 

キャベツ、ブロッコリー、きゅうり、トマト、なすび、青ネギを順次に収穫しました。今年の夏は、ビタミンCがとても多くとれました。

 

盆の墓参り用の小菊も育ったので、少し早いですが、墓参りしてきました。菊の種から、次回は育ててみるつもりです。

 

墓参りをするたびに、「この墓には入りたくない」と思います。けれど、他にいくあてもないし、子孫も「この墓」に入るしかないとしたら逃げるわけにもいきません。結婚とは、そういうものなんですね。迂闊にするものではありません。

 

秩序を守るお約束が、畑しごとと墓参りです。人生は修行のごとくです。

プライバシーポリシー 「スポンサーリンク」